ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 02 | main |
2015.12.11 Friday

2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 03 完結編

1.jpg

屋内へと入るとそこは白銀の世界。
舞い上がった石灰が壁中に貼り付いているので部屋一面が真っ白になっています。

2.jpg

まるでこの空間だけ雪が降り積もっているかのように錯覚します。
他の場所では決して見る事の出来ない光景です。

3.jpg

巨大な背骨のようなチェーンにも石灰が降り積もる。
影によって立体感が生まれ、まるでアート作品のようにも見えます。

4.jpg

縦に長いこの部屋の天井の隅々まで石灰まみれ。
どうやらこの辺りは、当時、貯蔵庫として使われていた模様。納得です。
大規模で入り組んだ造りに真っ白に染まった空間、これこそが白亜の迷宮と呼ばれる所以です。

5.jpg

部屋を出て進んでいくと・・・
これまた有名な景色がそこにあります。

6.jpg

某廃墟本(と言ってもこれで本の名前出てますが笑)の表紙になった、
巨大なチューブがそこにあります。
僕もなんだかコレ、好きなんですよね。妙に存在感があって。

7.jpg

様々な美しい姿を残していた白石鉱山も、自然崩壊はどんどん進んでいました。
ただでさえ危険な廃墟という空間。上を向いた釘が落ちている場所、
崩れる寸前の床、落ちてくる天井。

有名になるのと同時に、僕を含め様々な方が訪れた事と思います
かくいう僕も3度ほど訪れました。
そうこうしているうちに、コスプレイヤーの方の撮影ポイントとしても有名となり、
周りが見えず危険な夜間にはサバゲーが行われたり、
最終的には放火事件がおこります。

8.jpg

僕が訪れた一年後に起きた放火事件により、
建物内に侵入できないように塀が作られ、某警備会社による警備も導入され
県外ナンバーの車が近寄るだけで警察が飛んでくるという厳戒態勢がとられる形になりました。
そんな流れもあり、最終的に解体という形で決着がついてしまったのでした。

ただただこの景色を写真としておさめられた事が自分にとって大変幸せであり
この場所に立つ事ができたリアルが自分にとっても本当に誇りです。

もう見られないのは寂しいですが、こうした形で少しでも多くの方の目に触れるようならば
幸せな事だと 僕は思います。

JUGEMテーマ:写真
コメント
インスタではありがとうございます
プロフにあったので遊びに来ました
廃墟はボクも好きです
ここは全く知りませんでした
もう、今は無いのですね…、残念です。
写真に残しておいて下さり
またそれを拝見する縁が持てた事に感謝します

あまりに自分の日常とはかけ離れた
世界観に満ちた廃墟に足を踏み入れた時
その場所でのかつての営みを想像して
絶句するような感覚…。
こんな場所が世界があったのか?という
驚き、感慨、そしてなんとも言えない切ない哀しみ
この鉱山は「白」がそれを際立てていますね

空間に漂う止まってしまった時間の影を感じる
とても素敵な写真、ありがとうございました。
  • benzott
  • 2017.01.20 Friday 09:39
benzottさんじゃないですか!!お世話になっております!
わざわざ見に来ていただけて嬉しいです( &#5147;)
以前、廃墟写真のサイトを運営しておりまして、
そのときのデータがたくさん眠っているのです。

ココは、ものすごい場所でした。
なにがものすごいかってもう全てが。
広大な敷地全体が廃墟となってそのまま探索可能な状態で残っていたなんて、今となっては俄かには信じがたいものもあるのですが…
存在を知っていただき、写真として目に焼き付けてもらい、感覚を共有できたことは僕もとても嬉しく思います( &#5147;)

かつての輝きを失ってしまったその場所に立って、
当時の情景を思い浮かべる時間が僕も好きでした。
人の行き交う活気ある空間、人間が寄り付かなくなるだけで建物というものは何故こんなにも早く風化が進んで行くのか。
整備されている、されていないだけではない何かがあるように感じます。
人の気、みたいなものもあるのでしょうね。

楽しんでいただけたようで光栄です!見てくださる人がいるのなら、また更新開始しましょうかね?(^ ^)
  • 管理人clock
  • 2018.01.22 Monday 20:04
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album