ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぼやき:外付けHDD | main | 2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 01 >>
2015.11.27 Friday

2009年 廃墟 静岡県 崩壊した巨大な未完ループ橋

DSC_0154.jpg

静岡県 伊豆のとある山中にその橋は存在していた。
道路そのものが途中で途切れ、崩落しているその姿は、
初めて見た時にものすごい衝撃を受けた事を良く覚えている。

DSC_0159.jpg

立ち入り禁止のバリケード。
意味があるようで意味がない。スカスカの状態だ。

DSC_0164.jpg

少し進んで振り返る。奥には伊豆の海が広々と広がっている。
いつも通りの景色の中、僕が立っている場所だけが違和感を感じさせる。

DSC_0170.jpg

先端からの風景。
本来は力強く繋がっていたはずのジョイント部分が、
崩落により片側だけとなり、虚空に奇麗なラインを浮かび上がらせている。

DSC_0181.jpg

先端から足下を望む。
見ての通りなかなかの高さがあり、落ちればただ事ではすまない事が見て取れる。



誰も訪れる事のない場所で息づいているのは、いつだって植物だけ。
繋がっている筈の欄干にぽっかり空いた穴からは何かがこちらを覗いていそう。



ギザギザ再び。
もともとこんなに隙間が空いているもんなんでしょうか?
真っ黒な線は、まるで地割れのように奥に伸びている。

DSC_0204.jpg

下に降りて崩落した道路の上に乗る。
青い空の下にある、二度と使われる事のないコンクリートの塊。
ただただ空しさを覚える光景だ。

DSC_0202.jpg

”落ちるな 落とすな”
当時工事中だった頃の名残がこんなところにも。
今となっては何やら感慨深いこの言葉。

もともとは背後にある山へ繋がっていく道を作る予定だったとのことだが
資金難により工事は中止、その後 地震により自然とこの光景が作り上げられたそうな。

今日もひっそり山の中。
崩れ落ちたループ橋は、静かにそこで眠っているのでしょう。


JUGEMテーマ:写真
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album