ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.12.11 Friday

2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 03 完結編

1.jpg

屋内へと入るとそこは白銀の世界。
舞い上がった石灰が壁中に貼り付いているので部屋一面が真っ白になっています。

2.jpg

まるでこの空間だけ雪が降り積もっているかのように錯覚します。
他の場所では決して見る事の出来ない光景です。

3.jpg

巨大な背骨のようなチェーンにも石灰が降り積もる。
影によって立体感が生まれ、まるでアート作品のようにも見えます。

4.jpg

縦に長いこの部屋の天井の隅々まで石灰まみれ。
どうやらこの辺りは、当時、貯蔵庫として使われていた模様。納得です。
大規模で入り組んだ造りに真っ白に染まった空間、これこそが白亜の迷宮と呼ばれる所以です。

5.jpg

部屋を出て進んでいくと・・・
これまた有名な景色がそこにあります。

6.jpg

某廃墟本(と言ってもこれで本の名前出てますが笑)の表紙になった、
巨大なチューブがそこにあります。
僕もなんだかコレ、好きなんですよね。妙に存在感があって。

7.jpg

様々な美しい姿を残していた白石鉱山も、自然崩壊はどんどん進んでいました。
ただでさえ危険な廃墟という空間。上を向いた釘が落ちている場所、
崩れる寸前の床、落ちてくる天井。

有名になるのと同時に、僕を含め様々な方が訪れた事と思います
かくいう僕も3度ほど訪れました。
そうこうしているうちに、コスプレイヤーの方の撮影ポイントとしても有名となり、
周りが見えず危険な夜間にはサバゲーが行われたり、
最終的には放火事件がおこります。

8.jpg

僕が訪れた一年後に起きた放火事件により、
建物内に侵入できないように塀が作られ、某警備会社による警備も導入され
県外ナンバーの車が近寄るだけで警察が飛んでくるという厳戒態勢がとられる形になりました。
そんな流れもあり、最終的に解体という形で決着がついてしまったのでした。

ただただこの景色を写真としておさめられた事が自分にとって大変幸せであり
この場所に立つ事ができたリアルが自分にとっても本当に誇りです。

もう見られないのは寂しいですが、こうした形で少しでも多くの方の目に触れるようならば
幸せな事だと 僕は思います。

JUGEMテーマ:写真
2015.12.11 Friday

2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 02

1.jpg

緑色をした機械が多いように思います。
この広い部屋に等間隔に並んだ3台のバランスが好きです。

2.jpg

開けた空間 ここはどういう部屋だったのでしょうか。
上から何かを穴に入れて・・・下で何かする??全然そこらへんはわかりません('-')

3.jpg

筒の親子 妙に存在感がありますね。

4.jpg

錆びた看板。ここから名物その1のエリアへ入ります。

5.jpg

実はこの鉱山 炭酸カルシウム(石灰)を生産しており、
ところどころに乾燥させる為の棚が大規模に備え付けられております。

6.jpg

何棟にも何棟にも続く、棚。
間に立って上を見上げると、ただただ、圧倒されるばかりです。

7.jpg

さらに奥へと進むと、また建物の中へと入って行きます。
こちらにも所々に棚が存在しています。

8.jpg

建物の中に入ります。
この写真は割と気に入っていて、落ちた天井の破片が偶然
猫がこっちを見ているように見えませんか?^^

次回更新にて 白亜の迷宮と呼ばれる所以をご紹介致します。

Vol.03へ続く

JUGEMテーマ:写真
2015.12.08 Tuesday

2008年 廃墟 三重県 白亜の迷宮 白石鉱山 01

DSC_0156.jpg

白石鉱山
そこは世の廃墟好きの中では知らない人はいないと言っても過言ではない
とても有名な場所でした

DSC_0008.jpg

白亜の迷宮と呼ばれる所以、それは後ほどお伝えするとして
中へとお邪魔していきます。m(__)m

DSC_0014.jpg

鉄は錆び 人が離れてから幾年もの時が経っているのを自然に物語ります。

DSC_0121.jpg

この鉱山は全体で見るととても広いのです。
今回は順不同にアップしていくので実際訪れた事のある人にはちょっと違和感があるかも。
階段の出入り口から差し込む光が、スポットライトのように雰囲気を醸し出します。

DSC_0110.jpg

建物内は立体的に階段が交差し、
まるでダンジョンのような造りとなっております。

DSC_0109.jpg

上下左右 多岐にわたって伸びる梯子、階段。
エッシャーのだまし絵のようですね。

DSC_0103.jpg

床には再び錆びたネジの群れ。
何故人はただ”錆びている”というだけでなんとなく素敵に見えてしまうのか。
それとも僕だけでしょうか?笑  みすぼらしい様子。また、古めかしい様子。
シャビーな雰囲気なんて言葉もありますね。

DSC_0091.jpg

縦一線に続くトロッコの線路。
昔は右から左へと元気に滑っていたのでしょう。

DSC_0107.jpg

天井付近には大きな機械が。砕石?なんでしょう?
詳しい事はわかりませんが存在感はとっても◎です。

DSC_0105.jpg

開けた部屋。がらんどう。
窓から光が差し込みます。

DSC_0106.jpg

真っ白い床にひとつ。 真っ白な立方体。
ここだけはまるで美術館に来ているかのような気分にさせられてしまいました。

誰かが意図的に置いたのか、それとも元からあったのか。
廃墟撮影ではモノを動かさない、持ち帰らないが鉄則です。

vol.02へ続く


JUGEMテーマ:写真
2015.11.27 Friday

2009年 廃墟 静岡県 崩壊した巨大な未完ループ橋

DSC_0154.jpg

静岡県 伊豆のとある山中にその橋は存在していた。
道路そのものが途中で途切れ、崩落しているその姿は、
初めて見た時にものすごい衝撃を受けた事を良く覚えている。

DSC_0159.jpg

立ち入り禁止のバリケード。
意味があるようで意味がない。スカスカの状態だ。

DSC_0164.jpg

少し進んで振り返る。奥には伊豆の海が広々と広がっている。
いつも通りの景色の中、僕が立っている場所だけが違和感を感じさせる。

DSC_0170.jpg

先端からの風景。
本来は力強く繋がっていたはずのジョイント部分が、
崩落により片側だけとなり、虚空に奇麗なラインを浮かび上がらせている。

DSC_0181.jpg

先端から足下を望む。
見ての通りなかなかの高さがあり、落ちればただ事ではすまない事が見て取れる。



誰も訪れる事のない場所で息づいているのは、いつだって植物だけ。
繋がっている筈の欄干にぽっかり空いた穴からは何かがこちらを覗いていそう。



ギザギザ再び。
もともとこんなに隙間が空いているもんなんでしょうか?
真っ黒な線は、まるで地割れのように奥に伸びている。

DSC_0204.jpg

下に降りて崩落した道路の上に乗る。
青い空の下にある、二度と使われる事のないコンクリートの塊。
ただただ空しさを覚える光景だ。

DSC_0202.jpg

”落ちるな 落とすな”
当時工事中だった頃の名残がこんなところにも。
今となっては何やら感慨深いこの言葉。

もともとは背後にある山へ繋がっていく道を作る予定だったとのことだが
資金難により工事は中止、その後 地震により自然とこの光景が作り上げられたそうな。

今日もひっそり山の中。
崩れ落ちたループ橋は、静かにそこで眠っているのでしょう。


JUGEMテーマ:写真
2015.07.24 Friday

ぼやき:外付けHDD

iPhoneImage.png

外付けHDD。今は管理人のもとで合計2台稼働しています。
写真だったり音楽データだったり、主にはやはり写真が中心なのですが。
よく聞く話として ある日突然外付けHDDから不思議な音が・・・
それ以降まったく読み込まなくなるという恐ろしい話を耳にしますね。

かれこれ僕も1台目を購入したのが5、6年ほど前。
それが今も元気に稼働しているっていうのは奇跡に近いことなのかもしれません。
実際パソコン本体のほうはもう一度HDDがクラッシュしているくらいですから・・・
そう考えたらいつこの子がクラッシュしても不思議ではありませんよね。

中に眠っているのは色々な青春の思い出たち。
これが無くなるというのは僕の思い出が全部吹っ飛ぶということ。
いやいやそれだけは勘弁願いたい。
でも移し替えるのも面倒くさい。そうなったら厳選して現像すべきか・・・
悩みます。非常に悩みます。

新しいほうの子もかれこれ3〜4年ほど経っていますから
いつ逝ってもおかしくはないですね。

ブログ更新が先か、印刷が先か、移し替えが先か、クラッシュが先か。。。
どちらに転んでもなかなかの作業量。
そんなちょっとした不安に追われながら今日もこうしてブログを更新している次第であります。
ちょっと不安な気持ちをぼやいてみました。
2015.07.21 Tuesday

2014.01 hawaii旅行記 07

1.jpg

この日はハナウマ湾でシュノーケリングを体験してきました。
弧の字になった湾内は波も穏やかで透明度も抜群。
小さな子供さんも安心できるシュノーケリングスポットです。

2.jpg

この日は一眼はやめて、PENTAXのPENTAX WG-鵺での撮影。
なので水中もイケちゃいます!!
楽しげに泳ぐ熱帯魚たちがいい感じでした。

3.jpg

とはいえ水中の撮影など初の試みのため、
ろくな写真は撮れちゃいませんけれどね・・・('A`)
雰囲気だけでも伝わるようでしたら幸いです。

4.jpg

ビーチでは子供が砂山を作って遊んでいました。
どこの国にいってもやることはかわりませんネ。

5.jpg

澄み切った青空。ちょうど良い気候。
ハワイはとっても過ごしやすい土地だと、旅行中何度も感じました。
思っているほど熱くないですからね。常夏なイメージはありましたけど。

6.jpg

夜は室内バーベキューでした。
分厚い肉を各自で焼いちゃいます。味付けも自由。
焼き具合も自由。このくらいが気楽でいいのかもしれませんね。

7.jpg

と、まあこういった感じでハワイの記事はおしまいです。
正直あまり気合いの入った写真が撮れなかった旅だったというのが今回の印象。
観光に重点を置きすぎたのが原因か。

また来年、H28年にまたハワイに行く予定なので、
そのときはまた素敵な記事が書けるように精進しておきます。
7回に渡りお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

JUGEMテーマ:写真
2015.07.03 Friday

2014.01 hawaii旅行記 06

1.jpg 3.jpg

ふらふら歩きまわる先に見つけた風見鶏のある建物。
よく見かけるニワトリタイプのものとは違っていて気持ちが良さそうに羽を広げているタイプ。
そしてたまたま見つけたウミガメが居たところとは別のビーチ。
海が奇麗です。

4.jpg

そしてノースショアの楽しい観光はサクっと終わり、翌朝。
早朝5時頃からダイヤモンドヘッドに登る。
まるで心霊写真のような雰囲気になってしまった。

5.jpg

道中は大変だったため割愛しますが、登った後の景色は最高
奇麗な夜景が目の前に広がります。とはいえ本来の目的の日の出は見れず。

6.jpg

そして時は移り、その日の午後。
釣りのオプショナルツアーを申し込んでいた為、一同船の上へ。
異国の方々と共に釣り船に乗り込む。

7.jpg

さあいざゆかん!ハワイの大海原へ!!! 
と行った感じに船の先頭に陣取って写真なんか撮ってたのが裏目にでる。

iPhoneImage.png

完全なる船酔いに陥りました。

寝不足は船酔いに一番よくないと、水曜どうでしょうで学んでいたにもかかわらず
この有様。どうしたもんでしょうか・・・
釣りもままならず ただひたすらに同じく船酔いに陥った異国の方と共に、魚に餌を放出し続ける。
管理人はハードな船酔いに陥るのが初の経験だった為、思いのほか辛くて死ぬかと思いました。
次回のハワイでは絶対に海釣りリベンジいたします。

次回シュノーケリング体験に続きます。


 
2015.05.01 Friday

2014.01 hawaii旅行記 05

4.jpg

ノースショアまでやってきました。
なんとも雰囲気のある場所ですねー!!夏!!って感じ。

1.jpg

ここいらのビーチにはウミガメさんが甲羅を乾かしにあがってくるそうで・・・
見れるかなーと思っていたらなんと一匹あがっていてくれました♪

3.jpg

寝ていますね・・・ゆったり。。。ぽかぽかいい気持ち・・・

2.jpg

よーく見ると腕が一本欠損しているのですが元気そうなのでなにより。
サメとかにやられたんでしょうか・・・ゆっくりしてもらいたいもんですネ!
ちなみにここのカメ、触ると法律により罰せられます。
間違っても触らないように皆さんご注意くださいネ!!

6.jpg

そして名物のシュリンプワゴン。
写真撮るの忘れましたがおいし〜いエビをたらふく頂きました♪

7.jpg

海軍さんなんかもちらほら食べにきていて、お店は大盛況。
さすがは名物なだけありますね。

JUGEMテーマ:写真
2015.05.01 Friday

2014.01 hawaii旅行記 04

01.jpg

ハワイでもかなり有名なモノといえば・・・これ!
「この〜木なんの木 気になる木!」で有名なMoanalua Gardens.

1.jpg

出たー!!噂の木!たしかに気になる木。。。
いつもテレビCMでみるたびにいつかみてみたいとは思っていたものの、いざ見ると感動する。

2.jpg

下から見上げると、本当に巨木もいいとこ。力強くのびる枝の一本一本にパワーを感じますね。
登ってみたいけど、わりと管理が厳しいのでおこられるんだろうなあ・・・

5.jpg

ツアーのおっさんが10分しか時間を設けてくれなかったが為、
急いで記念撮影やらしてるうちに集合時間に・・・
終止こんなペースで進められたツアーのため、レンズフードがやたらと写り込んでいる・・・
痛恨の極みです。。。情けない!

しかしこの木、一本だけじゃなくてたくさん生えまくってるって知ってました?
このアングルから眺めるとありがたみもクソもないw

6.jpg

そのあとはドールプランテーションで昼食。
バナナや、パインで有名なアレですね!!

8.jpg

超絶ジャンクフード。いちいち調味料が多い。
腹減りの僕には最高のごちそうでしたが、ドリンクバーのごとく排出されるマスタードや
ケチャップには衝撃を覚えました。特にマヨネーズ。。。

9.jpg

例のごとく時間もなく、これといってプランテーションらしい写真は撮ってませんが。。。
これはなんだっけ・・・パイン?かな??

99.jpg

・・・  どこにでもあるんですねえこういうの。
記念撮影用の看板なんですけど、誰が農家のおばさんと写真をとりたいというのか。
謎が謎を呼ぶドールプランテーション。日本で行ったらBスポですね。


JUGEMテーマ:写真
2015.05.01 Friday

2014.01 hawaii旅行記 03

1.jpg

ハワイに来たらやっぱりしたいのが買い物ですね。
と、行ってもセレブでもなんでもない自分にとってはそんなに重要なことではないのかも知れませんが。
海外免税の王道、ギャラリア。

2.jpg

そうこうしているうちに日は暮れ、あたりには街頭やネオンの光が溢れ出します。

3.jpg

幻想的な色にライトアップされた植物の前で燃え盛る炎。
ゆらゆら揺れる光景が非日常感を助長する。

4.jpg

ヤシの木一本一本も極彩色にライトアップされ、
リゾート地らしい雰囲気が醸し出される。どことなく周りの人たちも気分が良さげだ。

5.jpg

ちなみに僕がさらっと買い物したのはここくらい。
スニーカーを一足ゲットしました。安かったんだもの、少しくらい、いいよね。

その他買ったものといえば、「ハワイ嫌げもの」の代表格、カメハメハ大王像や、
コナコーヒーの豆など・・・酸味を感じる味のコーヒーですね。

そんなこんなで夜が更けて、翌日はノースショアを目指します。

JUGEMテーマ:写真
Powered by
30days Album